縮小表示>>拡大表示
2018年
1月
311
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
123
 
あなたは1271312人目です。

KARACRIXサーバの構築〜基礎編〜-Part0-

KARACRIXサーバの構築〜基礎編〜

このページでは,KaracrixBuilder24A(フリーソフト)とKaracriBoard-TK0040Aボード等を使ってインターネットPCや携帯電話から遠隔監視制御を行うことのできるサーバの構築を解説していきます. 以下にその概念図(構成図,図1)を示します.その基礎編としてサーバのOS(今回はCentOS5を使用)とKaracrixBuilder24A(フリーソフト)のインストール方法とを説明します.
※図1は,ネットマスクが255.255.255.0でネットワークアドレスが192.168.0.0のLANのネットワーク上にパソコン(PC)とCentOSサーバと数台のリモートI/O装置がつながれている様子を示しています. また,リモートI/O装置はIPアドレスが固定割付けされていればLAN外のインターネット上にあっても通信使用できます.

concept
図1.サーバとI/O装置の接続の概念図(構成図)


この「KARACRIXサーバの構築〜基礎編〜」は,以下のような手順で説明していきます.

  1. CentOS5.1のインストールの準備
  2. CentOS5.1のインストール
  3. KaracrixBuilder24Aのインストール

2008/01/11

[次へ]